子供バレエについて

私が子ども達の指導にあたる際に、一番大切にしていることは、子ども一人ひとりの個性を尊重し、きちんとコミュニケーションが取れる環境をつくることです。

そのような環境があってはじめて子どもの持っている才能を、引き伸ばしていくことが出来るのだと考えております。

また、子どもは身体が未発達状態にあるため、過度に無理なレッスンをすることにより、身体を痛めてしまう可能性があります。ですから一人ひとりの骨格条件や成長に合わせて正しい指導をいたします。

バレエをせっかく習うのですから、バレエ技術も磨いていただきたいとは思いますが、バレエを学ぶことで肉体的にも精神的にも強い人間、思いやりの心を持ち人と人との関わりを大切にできる人間に成長されるよう、少しでもそのお役に立てたら幸いと思います。

バレエを学ぶことのメリット

・バレエを学ぶことで体が柔軟になり、姿勢が正しく、歩き方も美しくなります。
 また基礎代謝が高くなりますので、子どもの健康に良いと考えられます。

・耳で音楽を聞き、カウントを数え、振り付けの順番を覚え、手と足・上半身と下半
 身を別々に動かすことが求められるバレエは、脳が刺激され子供の発育に良いと考
 えられます。

・良い音楽に接する事は、子どもの持っている個性や感性を伸ばし、芸術性を引き出
 します。また身体で表現できるということは大きな自信を生み、積極性、忍耐力が
 養われます。

・踊りにはその人の内面性が表れますので、まさに踊りは心の鏡と言えます。
 その為、美しい踊りをするには日々の正しい生活習慣や、思いやりの心、礼儀など
 が大切になりますので、バレエを学ぶことでそれらが、自然に身に付くようになり
 ます。

・クラシックバレエの基礎を身につけておくことで、将来他のダンス(ジャズダンス
 、ヒップホップ等)やスポーツ(新体操、フィギュアスケート等)をおこなう際、
 大変有利になります。

子供クラスについて

Pre(3歳~年長)

-バレエをはじめるための準備クラス-
遊び要素を取り入れた楽しい空間で、ひざ・つま先を伸ばすストレッチから始め、柔軟性・リズム感を育てます。

Kids B(小学1年~)

-クラシックバレエの基礎クラス-
本格的にクラシックバレエの始まりです!
フロアーレッスンで柔軟性、腹筋、背筋などを強化し、バレエを踊るために必要な身体を育てます。バーレッスンでは、両手バーで正しい姿勢での立ち方から、バレエの基礎を学んでいきます。

Kids A(小学3年~)

-Kids Bを修了した者、クラシックバレエの基礎が身についている者のクラス-
バーレッスンは片手バーで行い、更なるバレエ基礎の定着を図ります。
バーを離れたセンターレッスンでは、少しずつ技術的なことを学び、アンシェヌマン(バレエの動き2つ以上組み合わせて出来た一連の動き)の習得を目指し、音楽に合わせて表現することを学びます。

Kids S(小学5年~)

-ポアント進級試験に合格した者、または同等のレベルを有する者のクラス-
憧れのトウシューズレッスンがスタート!
Kids Aのレッスンをベースに、ポアントの正しい立ち方から始まり、基礎的なポアントワークを行っていきます。

Junior(中学1年~)

-Kids Sを修了した者、または同等のレベルを有する者のクラス-
複雑なアンシェヌマンを瞬時にこなす力を身に付け、ポアントワークの向上を安定性を図ります。
また、この時期から子供から大人へと体系が変わる、とても大切な時期に入ってきます。バレリーナとして必要な細くて柔軟な筋力を育てるための指導を行い、また心の成長も著しいこの時期には人間力、忍耐力、マナーも学んでいくことで、魅力的な女性を育てます。

Upper

-Juniorを修了した者、または同等のレベルを有する者のクラス-
ただ単に踊る技術を磨くだけではなく、表現力や精神力とともに繊細な感性を身に付け、骨格的な身体コントロールを理論的に習得し、クラシックバレエの質、技術の向上を図り、本格的に踊ることを目指します。

Variation

-コンクール参加等を目標とする特別クラス-
個人のレベルに合ったヴァリエーションを選び、練習しコンクールやプレコンクールに参加します
Variationクラスの受講に当たっては、受講条件や保護者様との面談があります。
・週2日以上のレッスンを受講していること
・真剣にレッスンを受講できる者
・バレエに対し、保護者様の理解があること

※対象年齢、学年はあくまでも目安です。